FC2ブログ

P3映画みました

バカアホクソネタバレするので折りたたみます
P3、かなり暗い作品だなぁっていうイメージがあるんですよ
基本的に仲間がいがみ合ってるというか(伊織の嫉妬とかゆかりと美鶴のなんやかやとか天田くん関連とか)、主人公が無気力くんっていうか、終盤のごっつい厭世感っていうか
ちょっと脱線した話なんですけど、P4がリビドーとかエロースとかそういう生きる方向のエネルギーに溢れている(完二とかりせとかあたりのシャドウとかそもそもあいつらの悩みっていうのが青春によくある生き方云々みたいなテーマだったり(ホントの私とは一体なんだとか他の人から見た自分と自分の思う自分のギャップがどうとか))と感じられるじゃないですか
仲間ともすこぶる関係良好だし、そういう意味で人の絆がうんぬんっていうアルカナシステムとも噛み合ってたし
それに対して、P3は真逆(順番的にP4がP3の逆なんだけど)のデストルドーとかタナトス(主人公のペルソナだし)とかっていうそういう感じの雰囲気というかなんというかが敷衍してるっていうか

っていうのがゲームやっての感想なんですけど、映画はすっごい明るくなっててびっくりしましたね
主人公が最初はどうでもいいマンなのが、終盤になると仲間って大切だよねマンになってたりしてはえ~~って思いました
山岸さん(久しぶりに能登麻美子さんの声聞いて脊髄が震えた)の話もゲームじゃ基本的に暗いなーって話なんすけど、これが色々詳細語って美談であることが強調されてたし(ゲームでは美談じゃない、というわけではないけれど っていうかゲームだとさらっと話ししたって感じでその後仲直りしたとか深くは書いてないから印象薄い)

でもまぁそこら辺の改変が悪い、ってわけじゃなくて、今風っていうかウケがよくなるように改良した(スッゲー聞こえ悪い言い方だけど)って感じだと思いました
基本的には原作に忠実(もうちょいニュアンスの違う言葉使いてぇ)で、コミュの人たちとかちょくちょく出てくるし、P4と同じように原作リスペクトされてるなぁって思いました

ようするに、P3を現代向けに焼き直しました(これも印象良くないな)、って感じで、こんな感じでゲーム版の暗い雰囲気とか払拭してくれるようなら、暗いの嫌いな人にもオススメ出来ていいなぁって感じでした
これ次は10月のフォーチュン&ストレングスまでやって(アイギス登場 天田荒垣真田あたりのアレ)、次に伊織とチドリの何やかや・望月・ハングドマンからの幾月アイギスのアレ・ニュクス退治やって終わりかあとこれらを1話分分割、なんですかね……
天田の話は一つの山場だと思うしこれは重点置いてやって欲しいと思うのですが、話の配分どうなんですかね~~
4話構成なら他の話もしっかりやれていいと思うのですが、そんなにやんなきゃいけない話あるのかな(ハングドマンから先は一気にやって欲しい気がするけど、チドリとのアレってもっと前からちょくちょくあった気がするし(ここまで書いてなんやもうわからんくなってきた))
まぁ、プロの方々はちゃんと話追って脚本にしていくのだろうしこの調子で頑張ってほしいと思いましたという上から目線のてんこ盛り
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ペルソナかぁ、ぼくの知らない分野だな・・・

これとはあまり関係ないんだけど、最近映画館自体いってなくてなあ。せっかくだし何か見たいなって思うんだけどなかなか身体が動かなくて映画館にまでたどり付けないですわ。。。

映画、一緒に見に行く人いないと行く気ならないからアレですよね~~~
ペルソナ3,4、なかなか良い作品と思われるのでお勧めです(3,4っていかにもにわかっぽいけど)